ずり這い、ハイハイ、つかり立ちはいつから?

息子が8ヶ月になりました。
だいたい7ヶ月〜9ヶ月頃からハイハイやつかまり立ちを始める赤ちゃんが多いのかなと思います。
そして息子の月齢を知らない人からはやっぱり1歳くらいだと思われます。
顔がしっかりしてるとよく言われるけど同じ月齢の男の子がいるパパに
『1歳くらいだと思いました!
うちの子はこんなに動きませんよ。』
と言われました。
7ヶ月、8ヶ月くらいならずり這いやハイハイをしててもおかしくない時期だとは思うけど、とにかくどこでも這い回る。
そして早いのでその動きでさらに0歳児に見えないのかな(^^;;

娘が生後8ヶ月の頃

娘は寝返りも遅いというかあまりしない子でした。
お座りは6ヶ月でほぼ安定して、生後8ヶ月でずり這いを始めたけど息子みたいに早く動けなかったです。
それからすぐつかまり立ちをするようになり、ずり這いよりつかまり立ちのほうが好きで這うより立とうとする子でした。
そして生後9〜10ヶ月にはハイハイをするようになりました。
娘はハイハイのほうが動きやすいようでハイハイするようになると今の息子と同じくらい動き回ってたと思います。

生後8ヶ月の息子

息子のほうは4ヶ月で寝返りを始めてからとにかく動きたがりで、ゴロンと転がって移動したり、うつ伏せでいることが好きでした。
生後5、6ヶ月の頃からすでに這い出しそうな動きで方向転換は自由にしてました。
そして寝返りやうつ伏せで少しずつ進んでました。
ただ、動き回りたいタイプのせいかお座りはなかなか安定しませんでした。
座らせても動こうとしてゴロンってよく倒れます。
今でもうつ伏せから自分でお座りの体勢になってそのままゴロンと倒れたりするのでお座りしてると頭打たないかハラハラします。
7ヶ月になるとずり這いがかなり早くできるようになり、行きたい方向に行ける。スピードも早いので捕まえるのが大変。
娘よりも寝返りやずり這いが早いのでハイハイも早くできるようになると思ってたけど、ずり這いから変化がないです。
お尻を持ち上げる動作はよくするのでハイハイしたいように見えるけどなかなかハイハイはできないみたい。
そして娘とちがうところはつかまり立ちには全く挑戦しないところです。

娘はテーブルに手をかけてお尻を持ち上げようと必死につかまり立ちの練習をしてたけど、息子はテーブルとか手の届くものとかにつかまることがなく、手の届くものを取ろうとするだけで立ち上がりたいという気持ちは今のところないようです。

赤ちゃんの成長は個人差が大きい

2人子供を育てて思ったのは姉弟でも成長の過程が全然ちがう!
娘がおとなしいほうだったので息子がこんなに動き回る赤ちゃんになると思ってなかったです。
でも、娘は弟が動けるようになったのが楽しいようで2人でずり這いして遊んでます\( ˆoˆ )/
あまりにも2人が楽しそうにずり這いしてるのでわたしも一緒に3人でずり這いしてみたけど腕の皮膚が擦れて痛かった…。
床も痛いし畳も痛い。
なぜ息子も娘も上手にずり這いができるのかちょっと不思議です。
あと、大人のずり這いは見てるほうはちょっとこわいですね…。

ちなみにずり這いやハイハイなしで歩くようになる赤ちゃんもいるそうです。
最近多いのかな?

ずり這いやハイハイをしたほうが足腰強くなるからたくさんさせたほうがいい!
つかまり立ちをするならできるだけ赤ちゃんがつかまるものを減らしてたくさんハイハイさせなさいとよく言われます。
実際ハイハイをたくさんした子のほうが転んだときにすぐ手が出るからケガが少ないとも聞きます。
娘はつかまり立ちをしたがる子だったけどそれなりにハイハイさせてたからか転んだときも受け身がうまいです。
娘が頭からゴロンと転んだことがあったけどとっさの受け身うまくて頭を打つこともなく思わず関心しました\( ˆoˆ )/
ちなみに娘は歩き出したのは1歳1ヶ月でした。
なのでものすごく長くハイハイをしてたわけでもないと思います。

でも、ハイハイ飛ばして歩いてしまったのならしょうがないというか赤ちゃんは自分がやりたいことは積極的にやってるように見えるのでハイハイよりも歩きたい子なのかなと思います。

逆になかなか歩かなくて不安になったという知り合いもいたけど1歳半前には歩いていました。
歩き出すタイミングもかなり個人差があるのであまり他の子と比べないほうがいいですね。
娘のことは他の子と比べがちなので気をつけないといけない。
息子のほうは娘が赤ちゃんの頃と比べて見てるけど息子のほうが好奇心旺盛で積極的なので今のところあまり心配に思うことがないです。