2歳児の便秘?固い便とお尻の痛みに悩む

娘が便秘気味といか便が固いのです。
少食であまり食べない。
さらに野菜を食べてくれないせいか便が固くなってしまって『うーん!うーん!』ってがんばっていたことがありました。
そのときにちょっと切れてしまったようでうんちのときに『いたいよー!いたいよー!』ってかなり泣くようになり、うんちをするのがこわくなったようでガマンをしてるのかなと思うときもありました。
便が固くて出したくないというのが続き、このままだと本格的に便秘になってしまうと思ったので小児科に行きました。

肛門の傷にはリンデロンをもらう

病院はわたしは予定があり行けなかったのでパパに頼んだんですが、塗り薬をもらって帰ってきました。
塗り薬は『リンデロン』です。
小児科の先生いわく『一家に一本あると便利で何でも効く薬。治ったら塗るのはやめてください。』と言われたようです。
実家にも同じ薬があったので娘のオムツかぶれのときはよく使ってました。
確かにオムツかぶれにもよく効きました。
オムツかぶれはワセリンでもすぐ治ってたのでかなりひどいオムツかぶれじゃなかったらワセリンでもすぐ治ると思います。

と、言うわけでリンデロンをお風呂上がりに毎日塗ってます。
もう4日くらいになるけど、まだお尻は痛いようでボディソープがしみるようです。
お尻が切れてるのは痛いし辛いから早く治ってほしいです。

便秘の薬

パパには便が固いこともお医者さんに伝えてねって話してました。
マグミット(酸化マグネシウム)などの便秘薬も処方してもらえるかと思ってたんですが、便秘薬は今回は処方されませんでした。
娘の場合は便秘で何日も出ないというわけではなく、お尻が痛くてうんちをガマンしがちなだけだったからかな?

ちなみにマグミットは便に水分を含ませて柔らかくして排泄しやすくする薬で腸を刺激する薬ではないです。
でも、下痢になることがあります。
妊婦にも処方される薬です。

他にはラキソベロンという薬を処方されることもあるようでこの薬は腸を動かせて排泄させる薬です。
大腸を刺激する薬の中では刺激は少なく、ラキソベロンも妊婦にも処方されるようです。
でも、ラキソベロンを処方されたことがある友人が腸を刺激する薬だから結構お腹痛かったよ!って言ってたので子供には辛いかもって心配がちょっとあります(^^;;

他には座薬やグリセリン浣腸等がありますが、グリセリン浣腸は手術前にやった経験があるけど、液を入れて5分くらいそのままガマンしてくださいって言われるけど大人でも気持ち悪くてガマンできなかった(^^;;
子供には難しいと思う。

でも、便がたまると腸閉塞などの病気を引き起こす可能性があるのでそれも注意なのです。
ラキソベロンを飲んでた友人も便秘で腸閉塞も経験したようでかなり痛いらしいです。

便秘かな?と思ったら乳酸菌飲料かオリゴ糖!

便秘薬に頼りすぎるのはよくないとも聞くし、子供が便秘になったときはできるだけ苦しくなく自然に出せたら一番いい!
さらに毎日の生活の中で便秘予防もしたい!
そんなときには『オリゴ糖』がおすすめです。
オリゴ糖は腸内のビフフィズス菌のエサになり、ビフフィズス菌を増やして腸内環境を正常化して便秘を解消してくれます。
ビフフィズス菌や乳酸菌は増えることで過剰に増えた抗体を抑えてくれるので免疫力アップにもなり、アトピーやアレルギーの症状を緩和することもできます。
オリゴ糖のさらに嬉しいところは普通の砂糖とちがって虫歯になりにくいところ。
だから子供にも安心してら与えられます。

オリゴ糖にもいろんな種類があるけど、食品から抽出、精製した快適スルンがおすすめです。
完全無添加なので子供にも安心です。
そして快適スルンは無味無臭なので飲み物や食べ物に混ぜても大丈夫。
薬だと飲みたがらない子もいるだろうけど飲み物や食べ物に混ぜるだけなら飲ませるのもかなり簡単!
便秘だけじゃなくアレルギー予防や症状の緩和にもなるなら薬よりいいと思います。



そして娘の便ですが、若干改善されたというか緩くなりすぎたのかうんちのお漏らしはほぼなかった娘が2回パンツに漏らしてしまっています…。
原因は『マミーL』という森永の乳酸菌飲料かも\( ˆoˆ )/
スーパーで買い物してて娘がジュースを欲しがったので便が固いからなんとなく目に付いた乳酸菌飲料を飲ませてみたんですが、思いのほか効いたのかな?
それともマミーLを飲んだあと偶然柔らかい便が出たのかはわからないけど柔らかくなりすぎてしまったので娘には便秘薬はやっぱりいらなかったようです。
便秘薬を処方されなくてよかった。

娘みたいに少食で2日〜3日に1回くらいで便が出てる場合は薬より乳酸菌飲料やオリゴ糖をとりあえず試してみるといいと思います。
ただ、便秘は放置しすぎると治すのも時間がかかるようなので気になるようなら病院に行きましょう。