読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本に興味なかった2歳の娘が絵本好きになった話

娘が1歳くらいのとき言葉の心配で必死に毎日絵本読んでました。
わたしが子供の頃も家には童話集や絵本を母親がよく買ってくれて毎晩読んでくれてました。
なのでしないといけないものだと思ってましたが、1歳くらいの子は毎日じっとして聞いてくれるわけではないです。

聞いてくれる子もいると思うけど興味ない子は絵本にまったく集中してくれません。
娘もそうでした。

絵本読む意味ないんじゃない?
子供って絵本が好きで絵本を読んであげたらおとなしく聞いてくれるものだと思ってたのに…と思って絵本を読むのをやめました\( ˆoˆ )/

とりあえずエリック・カールの『はらぺこあおむし』は暗記していたのでなかなか寝ないときは電気を切って『はらぺこあおむし』の暗唱を聞かせてました。
『はらぺこあおむし』は歌もあるので歌も覚えてみたけど、わたしは音痴なようで歌うと娘に『しーっ!』って注意されるので歌うのはやめました…。

唯一娘がおとなしく聞いてくれる絵本はだるまさんシリーズでした。
なので絵本にあまり集中しない子には『だるまさん』の絵本をオススメします。
kochikochik2.hatenablog.jp

エリック・カールの『パパお月さまとって』にハマる

トイレトレーニングはしない。
絵本も読まないズボラすぎる母親となってしまったわたしですが、最近娘は『おひさま』『おつきさま』『おほしさま』が好きなことを思い出しました!
それならエリック・カールの『パパお月さまとって』は好きになるかも!と思って買ってみました。

娘に『パパお月さまとって』を読んであげるとハマった!
何回もよんで!よんで!って言ってくれるようになりました\( ˆoˆ )/

『パパお月さまとって』にハマったのもあると思うけど、2歳5ヶ月なので、もしかしたらお話を聞ける年齢になったのかもしれないです。
1歳くらいはまだお話自体に興味がなかったりするので『だるまさん』とかがちょうどよかったのかも。

今まで絵本なんて興味なく、『はらぺこあおむし』なんてボロボロに破られていたのに、絵本を読んでもらうのが楽しくなったようで実家にあるディズニーの絵本(20巻以上のセット)を毎日何冊か持ってきて読んで!読んで!と言うようになりました。
絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

娘のお気に入りは『ピノキオ』。ブルーレイを買ってしまった。

ディズニーの絵本の中で娘が好きなのが『ピノキオ』です。
そしてピノキオや白雪姫はわたしが子供のころにもよく見てたのでなつかしくなってブルーレイを買ってしまった\( ˆoˆ )/
娘に見せたいっていうのもあるけどわたしもまた見たい!

なによりピノキオは昭和15年の作品で白雪姫はそれより前のものだと知ってびっくり。
戦前って全部白黒なんだと思ってた。白黒しかないと思ってた。
そもそもそんな昔の作品とは知らなかった。
80年前にこんなにキレイな絵でなめらかに動くアニメがあって、しかも自分も子供の頃にそのアニメを見てて、さらに子供にも見せたいと思えるものだから名作ってこういう作品のことをいうのかな。

そしてピノキオに出てくる金魚のクレオが可愛いです。
娘もクレオを見て『かわいーい♡』って言ってた。
娘は魚が好きなのです。

最近のディズニー作品もいいけど白雪姫やファンタジア、ピノキオとか80年、70年前の作品もおすすめです。