読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新生児黄疸(生理的黄疸)数値が上がったけど退院

今日、無事わたしも赤ちゃんも退院できました\( ˆoˆ )/
ただ、実は1つ心配がありました。
それは『新生児黄疸』です。

娘のときは黄疸の数値が高かったので退院が1日伸びたという思い出があるので今回も黄疸の数値が高くならないか心配でした。

新生児黄疸の原因

黄疸は血液中の『ビリルビン』という物質が増えて起こるもののようです。
ビリルビンは黄色い色素を持っているので、ビリルビンが増えると肌や目が黄色く見えます。
ちなみに真っ黄色にはならないです。
娘や息子も肌がちょっと黄色っぽいなぁ程度でした。
あとは赤ちゃんが疲れやすくなったり、熱が出ることもあるようです。
確かに母乳を飲んでる途中ですぐ寝ちゃってあまり量を飲んでくれなかったので1時間、2時間間隔で母乳あげてました。

普通ならビリルビンは肝臓で処理されてウンチとして排出されるけど、新生児の場合は肝臓の働きが大人より弱いのでビリルビンを処理しきれずに黄疸として出てしまうようです。
肝臓の働きが弱いせいでビリルビンがうまく処理されず白いウンチがでることもあるようです。
なので赤ちゃんが白いウンチをしたときは注意ですね。

ウンチの色がおかしい場合はウンチが出たオムツを持って病院に受診するといいようです。

黄疸は生後2〜5日に起こりやすいです。
しかも生後4〜5日目が数値が一番上がりやすいのです。
生後5日目ってちょうど退院するくらいなんですよね(^^;;
退院を楽しみにしてるママ、パパですが、黄疸が出て退院が伸びたり、赤ちゃんだけ入院になることもあります。

娘のときに退院できませんって言われたときはかなりショックでした。
娘を出産した病院では赤ちゃんだけ入院ができなくて付き添いか、自分もそのまま入院扱いにしてもらうかだったのでわたしは退院許可が出てたけど結局赤ちゃんと一緒に入院でした。

低体重児だと黄疸が出やすい?

2500g以下の低体重児は適正体重の赤ちゃんに比べて免疫力が低いので黄疸が出やすいようです。

今回息子は2970gで適正体重だったので黄疸も様子を見て大丈夫な数値だったけど、娘のときは2400gで低体重でした。
なので出生が2500g以下で黄疸の数値が高いと言われたら退院が伸びる覚悟はしておいたほうがいいかも。

でも、黄疸はちゃんと治療の方法があるので入院中にがんばればなんとか黄疸の数値を下げることもできるかもしれません!

スポンサードリンク



新生児黄疸の治療(光線療法)

黄疸はとにかくビリルビンを体外に排出させるのがいいので、赤ちゃんにウンチをたくさん出してもらうといいです!

わたしも娘のときも今回の息子のときもとにかくいっぱい飲ませてたくさんウンチさせて!って言われました。
母乳よりミルクのほうがウンチが出やすいみたいで、娘のときは母乳だけでがんばったけど今回は母乳の量も元々足りなかったのでミルクも足してウンチいっぱいさせました\( ˆoˆ )/
今回息子は1日10回近くウンチ出してたので黄疸の数値が下がるのも早かったのかも。

そして数値が高くなってくると光線治療になります。
娘は光線治療になりました。
青い光の光線を赤ちゃんの体に当てる治療法です。
青い光を当てることでビリルビンを水に溶かして排出させやすくするようです。
目にはよくないようで赤ちゃんはアイマスクをつけます。

赤ちゃんを裸にして青い光が出てる保育器の中に入れて治療するところもあるようですが、娘の病院では肌着の中に青い光が出てる板みたいなのを入れてたので肌着は着たままで保育器にも入らずベビーコットでした。
ただ、肌着の下に青く光る板が常に入ってるので授乳がしにくかったです。

でも、光線治療をすると数値が下がるのも早かったと思います!
入院も1日だけですみました。

なので今回も光線治療してもらって早く数値さげて予定通り退院したいなぁって思ってたんですが、息子の担当の小児科の先生に光線治療するほどの数値ではないと言われたのでウンチをとにかく出させることになりました(^^;;

1人目黄疸が出ると2人目も出やすい?

今回息子は最初は黄疸はまぁ今の所数値は上がってるけど大丈夫な範囲ですよって小児科の先生は説明してたけど、上の子(娘)も黄疸で光線治療したんですよねーって話すと、『じゃあこれから上がる可能性もあるかもね』って言われました。

実際その次の日に微妙に数値が上がってしまったんだけど(^^;;
1人目黄疸が出ると2人目にも出やすいのかな?
でも、息子は退院も伸びなかったし光線治療も必要ない程度だったので1人目黄疸が出たから必ず同じように出るわけではないと思います。
今回は様子を見ても大丈夫な数値で予定通り退院できてよかったー\( ˆoˆ )/