早起きのメリットとデメリット

早起きは三文の徳といいますが、相川翔さんは『3億の得』って言ってるほどだし。

本当に早起きをするメリットはあるのかと思ったわたくしなのです。わたしは早起きが苦手で、なかなか早起きができないので早起きしたくなるようになればいいんだけど。

早起きは三文の徳

①仕事の効率があがる。

朝は脳が活性化してるので、夜の6倍も生産性があがるようです。

この前水をたくさん飲むと生産性があがるって日記書いたけど、水たくさん飲んで、早起きしたらすごい仕事できそう。

kochikochik2.hatenablog.jp

 

②幸せホルモンが出る。趣味の時間が作れる。

朝、日光を浴びると『セロトニン』っていう幸せを感じると出るホルモンが分泌されて心がおだやかになるようです。

早起きしなくても日光浴びればいいだけじゃない?って思ったんだけど、数分間浴びることがお勧めみたいなので、いつもより早く起きて日光をゆっくり浴びるゆとりの時間をつくりなさいってことか・・・。

この『ゆとりの時間が作れる』っていうのも早起きのメリットのようで、運動したり読書したり自分の好きなことをする時間にする人もいれば朝食がゆっくり食べられるから健康にもいいということでした。

 

③自律神経が整う。

セロトニンと関係があるのかもしれないけど、朝、日光を浴びると自然と夜眠くなるので、体内のリズムが整って自律神経が整う。みたいです。

もっとホルモンとかいろいろ関係してそうだけど、規則正しい生活になると自律神経が整うみたい。

 

早起きをするべきかなー。

f:id:kochikochik2:20160202001023j:plain

ちなみに早起きはデメリットもあるようで、オックスフォード大学の博士のレポートでは、メタボ・糖尿病・脳卒中等のリスクがあがる。集中力、記憶力の低下を招くっていう結果みたいです。もうどの情報を信じたらいいのか謎だけど、アップルのCEOやスターバックスのCEO等お金持ちには朝型が多いようで、朝型の人は夜型の人より年収、貯金が多いっていう統計結果もあるので、『3億の得』は本当かも。

ちなみにオックスフォード大学の博士のレポートでは、世界中のいろんな人の睡眠をパターンを分析した結果、15~30歳は朝9時、31~64歳は朝8時、64歳以上で朝7時が理想的な起床時間という結果です。

 

とりあえず10時や11時、お昼すぎまで寝るのはダメっぽいですね。

遅くとも若い人なら朝9時までに起床すればいいってことかな。

お金持ちになりたい人は早起きしてクリエイティブな活動してください!!

健康を気にする人は自分の年齢にあった起床時間で起きてください!

でも、学校や会社行ってたら早起きせざるを得ないよね。

 

とりあえず決まった時間に起きて寝るほうが生活リズム崩れないから毎日決まった時間に起きて寝るようにしよ。

独身のときは飲みとか行って帰り深夜で朝早いってこともあったけど子供がいる今はそんなこともないし早起きにこだわるより自分が毎日起きられる時間に起きることにしよ。